【廃墟ウェディング】オリジナルな結婚式の新定番!廃墟×花嫁の事例紹介

廃墟

こんにちは、ねこじまです。

廃墟好きなら将来設計において廃墟ウェディングという選択肢は欠かせませんよね。

ねこじま
ねこじま

今回は、廃墟で挙式をした人の事例や、合法的に廃墟でウェディングをする方法を教えるよ〜

◆◇◆告知◆◇◆


この度「22(トゥエンティーテゥー)」というウェディングメディアにて、結婚式(特にオリジナルウェディング)を考えている方に向けたプロデュース会社の比較記事執筆に携わりました!「廃墟はちょっと…」という方はこちらの記事をご覧ください!

廃墟ウェディングとは?

昨今ではカップルがそれぞれ歩んできた軌跡をテーマにした「オリジナルウェディング」が流行っており、廃墟ウェディングもその一種として話題になっています。

そんな廃墟ウェディングとは、文字通り「廃墟で挙式をすること」。
ただし厳密にいえば、挙式よりかは「廃墟で新郎新婦が写真撮影を行うこと」を指す方が多いようです。

本物の廃墟を会場とするのもよし、
廃墟風のスタジオを貸し切ってもよし。

ねこじま
ねこじま

「廃墟×花嫁」がなぜかミラクルマッチする事例を紹介するよ!

廃墟好きにはたまらない!「廃墟×花嫁」の事例紹介

今回は廃墟ウェディングの事例を3選紹介!

素敵な海辺の廃墟で

参照:nina mariage

参照:nina mariage

こちらは長崎県のとある海辺の廃墟で撮影をした新郎新婦のご写真。

石造りの建物の中、芽吹いた命が二人を囲います。

参照:nina mariage

参照:nina mariage

工業地帯でフォトウェディング

こちらの方がより「廃っぽい」ですね。

廃れゆく空間の中、男女が結ばれ新たな「家族」が生まれる。

新郎さんも新婦さんも衣装バリ決まってる!

ねこじま
ねこじま

でも汚れるの気にならないのかな…?

ゴーストタウンで煌めく花嫁

こちらは完全に海外(シリア)の事例。

シリア政府と反乱軍による激しい戦闘の末、街に残されたのは瓦礫と建造物の骨組み。

そんな中、花嫁衣装と軍服で愛を誓い合うのは、新婚のナダ・メリ(18歳)とハサン・ヨーゼフ(27歳)。

なぜこんな危険な場所で…?

撮影者のシリア人写真家ジャファー・メイが伝えたかったのは「死より強い生」。

「シリア国民として、不法行為やテロリズムを止めて、愛と平和を広げようと伝えたいのです。シリアの人々、そして世界中の人々がテロリズムに苦しんでいます」と彼は述べている。

ねこじま
ねこじま

なんだか日本のカップルと重みが違うよ!!!でも本人たちがよければなんでもいいよね。

合法的に廃墟で結婚式をあげる方法

さて、廃墟といえば気になるのが立ち入りの許可。合法的に挙式をする方法を紹介します。

管理者から正式に許可をもらう

場所によっては、管理者にきちんと連絡して許可さえもらえば、合法的に廃墟で撮影をしたり、会場として使うことが可能なようです。

ただし、

  • 管理者を探す手間(管理者不在のため廃墟化している可能性が高い)
  • 場所としての安全性(アスベストや床・骨組みの老朽化)

こちらの手間を考えると、事例がないわけではないですが、少々苦労することになりそう…。

廃墟風のスタジオやテーマパークを貸し切る

本物の廃墟とはいかなくとも、「廃墟」をテーマとした場所は複数存在します。

川崎ウェアハウス

『川崎ウェアハウス』は、神奈川県川崎市にあるテーマパーク(ゲームセンター)です。

こちらは今はなき香港の有名なスラム街「九龍城(クーロン城)」をモチーフとしており、ゲーム・プリクラと一緒に廃墟を探検する謎解きも楽しむことができます。

初台玉井病院スタジオ

『初台玉井病院スタジオ』は、東京都渋谷区にある廃病院をテーマとしたスタジオです。

コスプレ大会からダンス公演までその用途は多様。本物そっくりのICUから秘密の地下室まであるので、機会があればぜひ行ってみてください。

海外・ゴーストタウンに行く

日本の廃墟じゃ物足りない!なんて人は、海外に行ってみてもいいかもしれません。

国によっては廃墟立ち入りについての法律が緩かったりするのと、デトロイトなどの半ゴーストタウンであればほぼ合法的に写真撮影をすることができます。

廃墟ウェディングの粋な演出 まとめ

いかがでしたでしょうか?

「いや、廃墟で結婚なんてしねーよ!」な方も、世界観を広げてくださり、ありがとうございます。

くれぐれも本物の廃墟で挙式をされる場合は、管理者から正式に許可をもらう以外にも、老朽化の度合いや安全性をしっかり把握されてから本番に臨んでくださいね。

ねこじま
ねこじま

現実的には挙式をするより、フォトウェディング程度がいいかもね。

comments

タイトルとURLをコピーしました